商品と価値
2022.05.17 UP

いいとこどりの対面キッチン

対面キッチンって?

対面キッチンとは

対面キッチンとは、リビングやダイニングに向かって作業できる開放的なキッチンスタイルのことです。
 対面キッチンは、オープンキッチンとも呼ばれ、家族とのコミュニケーションを重視する方に人気のキッチンスタイルです。

対面キッチンのメリットとデメリット 人気の対面キッチンと従来のキッチンをメリットとデメリットの面から比較してみましょう。
今回は代表的な対面キッチンと従来の壁付けキッチンを調理スタイル・間取り・動線の面から比較しました。

対面キッチンの種類

フルフラット対面

「フルフラット対面」とは、キッチンの天板(作業台)がすべて平面になっているキッチンです。写真のようにコンロやシンクの前に段差がなく平面になっています。
段差がないことから継ぎ目が少なく、掃除しやすい点や家族や友人と料理を楽しみたい方に人気のタイプです。
コンロやシンクの前に遮るものがないため、水はね・油はねは広がりやすくなっています。
手元がすべて見えるので、生活感を消すには天板の上に極力物を置かないようにする必要があります。

造作対面

「造作対面」とは、ダイニング側に腰壁(立ち上がり)を付けたタイプのキッチンです。
写真のように、キッチンのダイニング側に腰壁があり、コンロの前には天井までの壁があります。
調理中の手元を隠したい方や、水はね・油はねが気になる方に人気のタイプです。
腰壁があるため、フルフラットキッチンと比べて生活感を隠しやすいですが、空間を区切る形になるため、開放感は減ってしまいます。

フルフラット対面と造作対面のいいとこどり

クリナップ STEDIA(ステディア)

フルフラット対面の開放感と、造作対面の水はね・油はねが防げて、手元が見えすぎないメリットが同時に叶えられるキッチンが出来ました。

『デュアルトップ対面』では、キッチンの作業台より、一段高く作られたカウンター手前の数cmの段差が、お料理するお手元やシンクの中をリビング側から隠してくれます。
デュアルトップや、美コートワークトップなどの機能で開放感と清掃性を両立してくれるキッチンです。

要確認

デュアルトップ

『デュアルトップ対面』ではオープンながらも、一段高く作られたカウンターがちょうどよく目隠しになり、気になる手元やシンクの中をさりげなく遮ってくれます。
カウンターもハイタイプとロータイプの2種類があり、生活スタイルや空間デザインに合わせて様々なコーディネートができます。

STEDIAはこどもみらい住宅支援事業のリフォーム対象商品!

お得に対面キッチンを取り入れるなら、こどもみらい住宅支援事業を利用するのがおススメ!

子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する住宅の新築や、省エネリフォーム工事などに補助金が交付されるこどもみらい住宅支援事業を利用して、お得にキッチンリフォームをしてみては?

関連コンテンツ

近日公開予定