ビジネスの種
2022.05.25 UP

【健康経営】2021年紅中ではこんな取り組みをしてきました。

健康経営とは

健康経営とは、従業員等の健康管理を健康づくりの取り組みを『投資』と捉え、経営的な視点から実行することです。
かつては、従業員の健康管理は自己責任と考えられていましたが、企業の持続的な成長を図るためには従業員の健康維持に積極的に取り組み、環境を整備することが必要とされ始めています。
従業員の健康づくりに投資するということは、生産性の向上・従業員の活力向上・組織の活性化・企業イメージ向上などに繋がり、企業収益の増加が期待されることから、健康経営に注目する企業が増加しています。
逆に、従業員の不健康を放置し不健康経営となると負のスパイラルに陥ってしまいます。この負のスパイラルに追い込まれる前に健康投資が必要となるのです。

健康経営優良法人認定を取得

経済産業省が認定する「健康経営優良法人制度」において「健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)」認定を取得しています。
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
当社は昨年2021年より認定申請をおこなっており、二年連続での認定となります。今後も継続して健康経営に取り組んでまいります。

健康経営優良法人認定制度について:経済産業省ホームページ

紅中の健康経営~2021年の取り組み~ 健康経営プロジェクトチームを中心に社員の健康づくりを維持、サポートする取り組みを行っています。

大阪府健康づくりアワード

第6回大阪府健康づくりアワードにて職場部門奨励賞を受賞しました。
大阪府健康づくりアワードは、府内における自主的・主体的な健康経営や、健康づくり活動の奨励・普及を図ることを目的として実施されています。

大阪府健康づくりアワードについて:大阪府ホームページ

紅中は健康保険組合大阪連合会において健康宣言をしております。
今後も社員の健康の維持管理、活気ある会社づくりを持続できるよう積極的に健康経営に取り組んで参ります。